exhibition

exhibition vol.5
2023.2.18(sat)-2.26(sun)
< >

タイトルに使用している記号は二酸化炭素の分子軌道ダイアグラムです。
薬学の知識を持つ大山の作品 は、実験的な要素が多く含まれます。
今回展示する《ADIPOSE TISSUE BLOT》は生物から抽出した脂 肪の塊を紙に写し取った作品です。
左右対称の染み(インクブロット)によって描かれる図像は、偶発的 でありながらなにかを示唆しているようでもあります。
国内でも発表の少ない大山龍の沖縄初個展です。

 

作家略歴
OYAMA Ryu
昭和薬科大学薬学部、金沢芸術工芸大学卒業後、カールスルーエ美術大学(ドイツ)で学び、ドイツを拠 点に活動。2017 年から拠点を沖縄に移す。2020 年台北で展開したバイオ・デジタルアートのワークステ ーション「Forking PiraGene」に参加。

 

企画:町田恵美
デザイン:山城絵里砂